マイニングプロセス – IronFXによる説明

マイニングプロセス – IronFXによる説明

デジタル通貨に興味のある人はみな、間違いなくビットコインのマイニングプロセスに遭遇しています。誰もがマイナーになることができますが、高価な機器とハードウェアに投資をする必要があります。このプロセスはコンピューター産業を変え、市場で利用可能な複数の強力なコンピューターとチップが特に通貨のマイニングのために設計されたという事実があります。ハードウェアへの大きな投資にもかかわらず、電力消費やその他の関連する費用のためにマイニングコストはかなり高くなっています。

マイニングプロセス – IronFXによる説明
マイニングプロセス – IronFXによる説明

マイニングはビットコインといった暗号通貨が作られ、市場に追加される過程になります。複雑な方程式と数学的計算を解く必要があるため、強力なコンピューターの性能が求められます。このプロセスの間に、複数のマイナーが“マイニングプール”と呼ばれる集団を形成し、ブロックや複雑な方程式を解く機会を増やしています。原則として、プロセスの参加者は与えた影響に応じた量のマイニングされたコインを得ます。

 

サトシ・ナカモトは複雑な方程式を解き、暗号通貨の取引データを貯蔵するのに用いられるブロックを作成したマイナーに報酬を与えるというマイニング手法を開発しました。別のIronFXの記事で述べられているように、これらのコインは中央銀行やいかなる機関にも監督されていません。代わりに、ビットコインは世界中のコンピューターサーバーによって管理されています。特に、中国、アイスランド、香港、また電気が相対的に安い地域が主となっています。

 

マイナーはブロックの作り手としても知られています。といのも、かれらの主要な作業は複数のビットコインユーザー間の取引の正確な台帳を作ることだからです。マイナーは、ドルやユーロといった法定通貨を監督する責任のある銀行や大きな金融機関に取って代わり始めてさえいます。

 

マイニングサーバーは複雑なアルゴリズムを解くのに必要な強力なコンピューティング能力を提供します。取引ブロックのプロセスは特有の数列と文字列を作るために複雑な方程式を使用しています。このプロセスは“ハッシング”と呼ばれます。新しいブロックのハッシュは前のブロックのハッシュに基づいており、特有のデジタル署名を作り出します。

 

今日では、マイナーの間で激しい競争が見られます。個々のニーズに応じて、投資に基づいたプライベートマイニングを選ぶか、マイニングプールに参加するかを選ぶことができます。どちらの方法も有益なようです。

参考文献

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です