分散型通貨―IronFXによる概要

分散型通貨―IronFXによる概要

分散型通貨はデジタル支払いで、現代技術の結果として可能となった。つまり、ひとつの中央団体が価値を決めない。ネットワークユーザー間の同意によって支えられ、定義される。分散型通貨の最も有名な例はビットコインであり、他にはイーサリアムやリップルなどがある。ほとんどの分散型通貨はブロックチェーン技術に基づいており、ここから生まれた最初のアプリケーションが2008年のビットコインである。

分散型通貨―IronFXによる概要
分散型通貨―IronFXによる概要

暗号化と呼ばれる手法は暗号通貨の取引は分散型であるということを保証するために用いられる。分散型通貨は多くのユーザーを抱えるシステム全体を作り上げた。これらの通貨はネットワークのユーザー間のコミュニケーションプロトコルと暗号化プロトコルの本質である。

通貨の発行と流通は通常は物理的な当事者間で同意されている。例えば、法定通貨は今日最も使用されている通貨であるが、政府によって認められており、中央銀行によって発行されている。しかしながら、分散型通貨はネットワークユーザーがそれぞれのユーザーが所有するコインの数について同意する必要がある。通貨を発行する際にネットワークユーザーの干渉をする仲介者はいません。例えば、平均的に10分毎にビットコインネットワークに一定の額のコインが追加されています。

通貨量を追加していくこの方法は、4年ごとに50%削減されます。そして、2140年には完全になくなります。分散型通貨のユーザーはP2Pネットワークによって結びついており、お互いに匿名が保たれています。

暗号通貨は商品やサービスの支払い手段として使用されています。同様に、投機手段としても用いられます。
分散型通貨には規制団体がありません。そのため、多くの投資家を惹きつけています。しかしながら、ピラミッドスキームあるいは経済バブルの一種として分散型通貨を見ているエコノミストもいます。

 

参考文献

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です