暗号通貨とブロックチェーン技術 – IronFXによる用語集

暗号通貨とブロックチェーン技術 – IronFXによる用語集

暗号通貨の世界は複雑なように見えます。特に、非常に多くの専門用語からそのように思えます。初心者のこの複雑な分野に対する理解が深まるように、IronFXはこの分野における最も重要な用語を集め、説明します。

暗号通貨とブロックチェーン技術 – IronFXによる用語集
暗号通貨とブロックチェーン技術 – IronFXによる用語集

 

ブロックチェーン(一連のブロック):暗号化され、透明性の高い手法でユーザーたちのコンピューター(P2P)にデータを蓄える現代の技術。ブロックは線のように作成され、整えられる。
P2P – Peer to Peer(ピアツーピア)とも。中央サーバーの必要がない、繋がってリソースを共有する2つあるいはそれ以上のコンピューターのネットワーク。

 

暗号化:暗号化された手法でデータをためたり移したりする数学の実践と分岐。

 

ブロック:IronFXの定義によると、取引などのデータを保管するスペース。例えば、ビットコインのブロックチェーンはブロックによって作り上げられた会計元帳。それぞれのブロックが、認証される前の10分以内に起こった移動ログを含む入り口として機能する。

 

分権:集権化の反対―ネットワークを管理する中央当局が存在しない。例えば、ブロックチェーンはピアツーピア(個人間)ネットワークを使用する。

 

マイニング:市場に暗号通貨を作り出し、導入する複雑なプロセス。マイニングはハッシュ機能と呼ばれる数学的方程式を解くことであり、マイナーにはデジタルコインが報酬として与えられる。

 

デジタルウォレット:暗号通貨の送金を行う際にブロックチェーンと関わるソフトウェアシステム。

 

ウォレットアドレス:暗号通貨をウォレットに送る際に使用されるユーザーのアドレスを示した長い文字数列。

 

トランザクション:暗号通貨ウォレット間の現金あるいはその他のタイプのデータの移動

 

プライベートキー:コインを送受信する際に使用される長い文字数列。プライベートキーは通貨にアクセスするためのパスワードとして使用される。もし第三者があなたのプライベートキーを手に入れたら、彼らはあなたのコインを盗むことが可能である。

 

パブリックキー:ウォレットアドレスの所有権を証明するのに機能する長い文字数列。このキーはハッシュ機能を用いて公開アドレスとなり、他者も見ることができる。

 

ホワイトペーパー:潜在的な顧客や投資家に自分たちのサービスを販促したり裏付けたりするために企業によって公開される有益な書類

 

スマートコントラクト:効率性、速度、機能性を高めるためにデジタル的に行われる取引。これらは従来の紙による同意をより透明性と信頼性のあるものにするために、取って代わることを目指している。

 

Initial Coin Offering – ICO:スマートコントラクトに基づいて資金を調達する新しい手法。ICOは投資家と開発者の間の新しく現代的な種類の相互作用である。

 

トークン:ブロックチェーンネットワークを通じて移動される価値の単位。トークンはデジタル資産であり、必ずしもコインを必要とするわけではない。トークンはサービスに対する支払いや、インセンティブとして使用することができる。また、データを移したり、よりよいサービスやユーザー体験のための入り口として機能したりするためにも使用することができる。

 

法定通貨:これは私たちが今日知っているお金である。法定通貨は政府によって支えられており、例えばUSDやEURがある。

 

参考文献

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です